占いカウンセラーが綴る薔薇*料理*花時計癒しブログ*^_^*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番気になる薔薇はクレア・ローズ
写真では分かりずらくて残念なのですが、クレア・ローズという薔薇は初めはオーソドックスな花の形をしていますが、咲き終わるころには、花びらがレースのように広がり鮮やかな姿に変わります。
あまり一般的な品種ではないようで、カタログの写真を気に入り苗を購入しようとしたのですが、扱っている店舗がなかなか見つからなかったのです。
やっと見つかった時はとても嬉しかったものです。
けれど、一番最後に購入した薔薇の苗なので、植える場所に苦心したものです。
もともと狭い敷地に薔薇を次々植え、薔薇がどんどんと成長してさらに、手狭になっていたのです。
crea019.jpgcrea020.jpg

それを強引にアンジェラという品種が成長している一角に植えたものだから、どんどん敷地と太陽を占拠され、成長が伸び悩んでいる状況です。
もともと育てるのが難しい品種だから、手に入りにくかったのかも知れません。
アンジェラは成長が早く株も急速に増えて2階まで伸びる勢いでどんどん大きくなるのに反比例し、クレア・ローズは成長が衰えるばかりで、余計に気になってしまうのです。
crea021.jpg


最も好きな薔薇
最も好きな薔薇はピエール・ド・ロンサールです。フランスのクライミングローズだということが、名前からも推察できることでしょう。
フランスの上品で気品なイメージを表現するかのような薔薇だと思います。
薔薇の花の色合いや香り姿形にフランスの雰囲気が凝縮されているような気がします。
他の品種に比べると花つきがあまり良くありません。最近ようやく花をたくさん咲かせてくれるようになってくれたので、喜びもひとしおです。
piel016.jpg


piel017.jpg


piel018.jpg

今の時期はこんなに殺風景な姿になっています。枝切りと牛フンをまき、来年の花の準備をしました。来年もきっと花を咲かせて楽しませてくれることでしょう。
ひょっとして、男性が女性を愛するような気持ちて、こんな気持ちなのかしら?と薔薇を慈しみながら、ふと考えたりします。
手をかけてもなかなか思う通りに花を咲かせてくれなかったと思っていたら・・・見事に奇麗でうっとりする花を咲かせて存在感をアピールするところが、「いい女」を連想させられるのです。
そんなことを思うのは薔薇好きの私だけでしょうかね・・・?
006_20071207120217.jpg

City girl
citygirl013 の補正

このバラの名前はシティーガールです。
咲き始めではオーソドックスに薔薇の花びらの形をしてますが、花びらが咲き終わる頃には平咲きになり、ちょっぴり珍しい花の姿に変わります。
花びらの色も初めは濃いオレンジ色とピンク色が混ざったような色ですが、平咲きになる頃には、薄い色合いに変化します。
006_20071204091432.jpg

春先にたくさん花を咲かせる薔薇は、この時期、花を咲かせても弱弱しい雰囲気です。
冬でもちらちらとこんな風に花を咲かせます。

アンジェラ
アンジェラは、とても育てやすい品種のバラで、あっという間に背が高くなり、花をたくさん咲かせてくれますが、今の時期は、葉も落ち、花もまばらです・・・。
011.jpg
007_20071203130454.jpg

angela012.jpg

来年の春、また花を咲かせられるようにと、枝を切り、牛フンと肥料をまいて冬支度すませました。


薔薇の冬支度
002_20071126135039.jpg 薔薇の枝を切る時期がきました。冬に薔薇の枝を切ることで、来年花が一層咲きやすくするためです。家の壁沿いに16本のバラを育ているので、枝切りが半端ではありません。
012.jpgゴミ袋が7袋にもなったほどです。薔薇には棘があるので、ゴミ袋に詰めるのも一苦労です。薔薇が年々大きくなるほど、枝切りの量が増え、育てるのも大変だなぁ~と実感します。
よく、「バラを育てるのは大変でしょう?」と訊ねられます。
この時期は、大変だと実感します。けれど、犬を飼うことに比べたら、ラクなのではないかとも思います。
薔薇を育てると、年に2回大変な時期があります。
春先に害虫よけの殺虫剤をまくときです。16本の薔薇の葉にまんべんなく散布しなければならないので、一度に10リットルの薬液を調合してまかなければなりません。
脚立を利用して、薬剤散布機のノズルを最大限まで伸ばして散布します。
けれど、その時期は、もうすぐ咲く花を心待ちにしているので、気持ちが若干楽しいですね。
冬の枝切りと牛フンまきは、きれいな花を咲かせるために必要な準備ですが、なかなかしんどい作業です。けれど、ここを頑張っておくからこそ、一年を通してきれいな花を咲かせてくれるようにもなるのです。人生の幸運を呼び込む下準備と似ています。
来年の5月に咲く花を楽しみにしんどい作業を乗り切っています。
010_20071126135113.jpg

やっと薔薇の枝切りが終了しました。

ジャスミン
jas2.jpg
花のまばらなジャスミンでしたが、こんなに花が咲くまでに成長しました。
玄関のポスト横に植えたのですが、ポストが隠れてしまうほどに・・・・。
香りが強く、前を通るととても良い香りがします。
春がきたことを香りで知らせてくれるジャスミンの花です。
jas1.jpg

芝生を煉瓦の庭に改造
>004.jpg 003.jpg


引っ越し当初は芝生を植えていたのですが、育ちが悪く、雨が降るとぬかってしまい、庭を横切ると靴がドロドロに

思案のあげく、煉瓦と砂利を引いて庭を改造!これが、けっこう重労働

しかし、手を加えるとどんどん手を入れたくなるのが、人の心理・・・というより、我が家だけの心理かもしれませんが・・・

これに飽き足らず、庭をすべて煉瓦で敷き詰めたくなってしまったのです。

煉瓦の数が半端ではありませんでした。煉瓦を敷き詰める作業の途中で、何度ホームセンターへ煉瓦を買いに走ったかわかりません。

ホームセンターに貸し出してもらった軽トラに山盛り積んで帰宅したのに、素人なので寸法を測るのに慣れていないのか、計量したのですが、ぜんぜん足りなかったのです。

なんとか完成した時は、爽やかな達成感が心を吹き抜けましたが・・・・出来上がりを写真で比較してみると、以前の方が良かったかも・・・と思ったりしなくもないのですが

005.jpg  renga1.jpg 002.jpg

ガーデニングスタート
garden11_7.jpg

引っ越ししたばかりの頃の写真です。

その後バラの苗木を16本植えて育てるようになりました。

今では家の壁づたいに、薔薇がひしめき合って花をさかせてくれています。

殺風景な庭が、少しずつ賑わってゆく様子を、紹介していきます

唐突なのですが、「みんなのお悩み相談室・占い日記」は「ツキと恋の魔法ブログ」へお引越ししました。
http://www.uranaiblog.net/user/yamarika/yamarika/

「みんなのお悩み相談室・占い日記」を改めまして「花時計・趣味日記」に模様替えします。

これからは、育ている薔薇のガーデニング写真や、趣味にまつわる日記を綴ります。

バラの香りは女性ホルモンを刺激する
rose3.jpg

バラの香りには女性らしさを引き出すフェロモン作用があるそうです。
バラに囲まれて暮らすと女性らしさが増して、きれいになるそうです。
確かに部屋に薔薇のアレンジを飾るだけでもパッと華やいだ気分になります。
街で美しい女性とすれ違い、つい、振り返って見てしまうようにして、薔薇の花をチラチラ見てしまいます。
薔薇の香りには、うっとりする気品や神々しさがあると感じるのは、薔薇好きの私だけでしょうか?おωぷぅ゚.´ω`人゚

バラを育てる
rose1.jpg

ガーデニングが趣味で、庭で薔薇の花を育ています。
狭い庭に薔薇の苗木を16本植えたので、薔薇が大きくなるごとに手入れも大変になってきました。
でも、5月になると一斉に薔薇が咲き乱れて楽しませてくれます。
花には癒しのパワーがあるのをご存知ですか?
花に囲まれて暮らすと、その人のパワーや運気もあがるのですよ。
部屋の中に花をいけるだけでも、パワーと癒しをもらえますよ。
お試しくださいね
Copyright © 山本梨花子の花時計. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。