占いカウンセラーが綴る薔薇*料理*花時計癒しブログ*^_^*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーラを感じる人
俳優の松山ケンイチさんをはじめてテレビで拝見したとき、強い印象を感じました。
顔立ちがずば抜けて目立つというタイプではないのに、気になってしまう人というのがいあるものですよね。

まだ無名な頃にドラマの脇役でちょろっと出ていただけで印象に残る人は、だいたいのちに有名になっています。

例えば、渡辺いっけいさんですが、そうとう昔のドラマになりますが、それでも家を買いました、というドラマで、不動産の営業マンの役でちょっと出ていたのを今でも鮮明に覚えています。

なぜかと言うと、この人、役者じゃなくて、本物の営業マンなのかしら?と思わせるような演技だったのです。

あ・・営業マンがテレビに出るわけないか・・・じゃ、役者さんなんだよね。芸達者だな・・・と記憶に残っていたら、やっぱりその後どんどんテレビでの露出が増えていきました。

広末涼子さんも、脇役で出ていた時に、インパクトを感じました。
内田有紀さんも強い印象がありました。

つまり、それが、目に見えないオーラなのです。

世に出て活躍するようになる人は、オーラが違います。

オーラが輝くようになるには、自分の強い信念や、やる気、向上心、努力などさまざまですが、他の人よりも特別な何かが心に秘められているものです。

けれど、オーラはその人の意識が下がるとくすむようになり、人気が落ちたりもします。

オーラが輝いているのは、今までの歩みと意識の表れなのです。
今日の意識、明日の意識を前向きに、自分の目標のために、集中して頑張る気持ちを持ち続けることがオーラを輝かせ、人を引き付ける魅力になっているのです。
angela012.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 山本梨花子の花時計. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。