占いカウンセラーが綴る薔薇*料理*花時計癒しブログ*^_^*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単栄養補給メニュー
dinner.jpg
休日の朝は軽めにとるので、夜は栄養補給できるメニューにします。
どれも簡単にできますので、作り方を紹介しますね。

鶏肉の煮物
骨付きの鶏肉と大根とこんにゃくを一緒に煮込んでできるので手軽です。
味付けは、鍋に醤油、酒、ごま油、砂糖、にんにくまたはしょうがで味付けるだけです。
鶏肉20本くらい、大根1/3本、こんにゃく1を入れる場合(4人分)
醤油、酒50~80ccくらい、ごま油大1~2くらい、砂糖大3~4くらい(味見してお好みにしてくださいね)ニンニクまたはショウガは一かけくらい。
それらを鍋で混ぜて鶏肉を入れて中火で煮込みます。その後弱火にして10分くらいしたら、大根とこんにゃくを入れて煮汁がなくなるくらいまで、または、大根に味がしみ込んで色が変わるくらいまで弱火で煮込みます。煮込みすぎると大根がやわらかくなりすぎるのでご注意を。

炊き込みご飯(3ごう)
人参半コ、鳥のささみ肉3本、しめじ1、エリンギ3本くらい、シーチキン缶詰1(中の油もいれる)、小葱少々で作りました。具材はお好みでいろいろ試しても良いと思います。
手軽に安上がりにできる炊き込みご飯なので、ちょくちょく作っています。
研いだお米の水を切り、お米の上に昆布を置いて酒を50ccくらい、水をお釜の2ごうの線まで入れる。
そこへ、塩小さじ1、つゆの素を30~50ccくらい入れる、お好みで微調整を。みりん20ccくらい、だしの素・粉末を大1くらい入れて、味見をして整えます。
いつも分量を量らず適当に入れて、味見をして整えるので、正確な分量が分からず、すいません。
具をすべて入れて、お釜の3ごうの線よりやや高い位置(3.5ごうくらい)までに水量を整えるようにすると炊きあがりがちょうど良いようです。いつも適当に作っているので、説明がこんな感じになってしまいます・・・。
炊きあがりのごはんにこねぎをのせて出来上がり。

マカロニサラダ
きゅうりが高かったので、代わりに林檎とピーマンとコーンを入れて作ってみました。
ハムとシーチキン缶詰とゆで卵も入れてマヨネーズと砂糖少々、酢を少々に、塩コショー少々で混ぜるだけです。
リンゴは前日に生姜焼きに半分いれてあまっていたので、サラダにいれてみたのです。
これが、なかなか行けたので、これからサラダに林檎を入れようと思います。
リンゴとマヨネーズの相性も良いので、お料理に使うと重宝しますよ。

サラダ用に茹でた卵を、鶏肉の煮物につけ合わせてみました。
ついでに作れば、メニューもらくに増やせます。

スープも簡単にできます。
大根、ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎをざく切りにして、ベーコンを入れて煮込むだけ。
味はブイヨンとコンソメでお好みで整えます。
仕上がりに小葱を入れて出来上がり。

お仕事がお休みの日は栄養補給と休養とリフレッシュをして、英気を養っているのであります!
スポンサーサイト
Copyright © 山本梨花子の花時計. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。