占いカウンセラーが綴る薔薇*料理*花時計癒しブログ*^_^*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝され喜ばれていることが伝わったら嬉しいけれど
薔薇は今の時期満開です。
庭の薔薇で薔薇の花籠を作りました。
まずはオアシス(フラワーアレンジメント用の水を含むスポンジ)を用意します。
水をたくさん含ませて薔薇を刺して飾ります。
オアシスのさわり心地がなんともいえないかんじで、つい指で押してみたくなっちゃうんです。
プチプチをつぶしたくなるような感覚ですね。
IMG_0961.jpg
庭に咲いた薔薇を適当にカット。
バケツに薔薇をいれて準備完了。
IMG_0960.jpg
今回は花籠を2つアレンジ。
一つは義父のお見舞いに。
そしてもう一つは息子の担任の先生にプレゼント。
息子は中学からテニス部で頑張っていたのですが、中学の運動会で走った長距離走で校内1位になったのをきっかけに陸上部へのお誘いが。助っ人で駅伝やら他の大会にも出場。
優勝や新記録を達成するラッキーに恵まれたのでした。
おかげで高校への入学は陸上の活躍のおかげで試験なしで受かったほど。
けれど、高校では担任の先生に陸上部への入部をしつこく勧誘されるこに。
息子はテニス部への未練があり、陸上部へは入部しないまま一年が経過。
けれど、担任の先生の情熱はすごかったのです。
家に電話をしてきては、「才能があるのにもったいないじゃないですか」
学校の生活相談にでかければ「息子さんが気が変わるよう一緒に説得しましょう」と熱く語るのでした。
息子の気持ちに任せて見守ること一年。
とうとう先生の熱意にほだされて陸上部に。
今年の9月は新人戦デビュー。日夜練習に励んでいます。
担任の先生は1年と2年と連続で息子の担任になり、陸上部の顧問も務めているので、息子と過ごす時間がとても長いのです。
プライベートの話や陸上で使用するシューズの専門知識についても熱く指導してくれて、ありがたい限りです。
先生はまだ29歳。熱血漢の先生は未だにいるようです。
土日返上で子供たちの陸上指導にあたり、大会へ引率。
結婚したばかりのようだけど、奥様は寂しい思いをしているのではないかしら?と心配になります。
恋愛相談を受ける身の上ゆえ、先生の夫婦関係を案じてしまいます。

先生が土日返上で仕事ばかりだけれど、こうして生徒や保護者から、陰で感謝され喜んでいることが薔薇の花で伝われば嬉しいんですけどね。
IMG_0963.jpg
IMG_0964.jpg
IMG_0965.jpg
IMG_0966.jpg
IMG_0967.jpg
スポンサーサイト

ガーデンチェア
庭に新しいガーデンチェアとテーブルを置きました。
タイルがちょっぴりおしゃれで気に入っています。
テーブルに飾った花は、実は雑草?です。
近くの空き地に咲いているのを見つけて、鉢植えにしたのです。
根がついてくれたようで花をいっぱい咲かせてくれました。
庭のあちこちに植えたので、花が咲き乱れるのが今から楽しみです。

薔薇も咲きはじめました。おいおいブログで紹介しますね。
IMG_0946.jpg
IMG_0945.jpg
IMG_0947.jpg
gardenchair.jpg




トイレ用品を・・・小物入れに!
薔薇の陶器製のトイレブラシを見つけて購入しました。
セットでサニタリィーポットもついてきましたが、小さくて使い勝手が悪いんですよね。
トイレ用には蓋つきの少し小さめのゴミ箱を購入したので、こちらのサニタリィーポットは、台所で使うことにしました。
中には、粉のお茶を入れました。
お湯に溶かして飲むタイプのお茶でカテキンを丸ごと飲めるヘルシーなお茶なんです。
お茶っ葉を捨てる手間もないので手軽に飲めて気に入っています。
もう一つのポットにはお砂糖を入れています。
生活のちょっとした小物に愛着が持てると気分がいいものですよね。
IMG_0894.jpgIMG_0886.jpg
IMG_0902.jpg

トイレ用にはこちらの蓋つきダストボックスが重宝してます。
IMG_0887.jpg
IMG_0896.jpg




夫婦は持ちつ持たれつ・・・
久し振りにゴルフをしました。といっても近場の河川敷コースなので通常のゴルフコースに比べると随分狭いです。
けれど、関東周辺のゴルフコースで割安のゴルフ場と言えば、茨城や栃木あたりまで遠出しなければなりません。
往復するだけでも大変です。昔は旅行がてら遠出していたものでしたが、子供ができてからは、日帰りができないので断念しています。
自宅から30分くらいで行けるゴルフ場でプレーする今日この頃であります。
といっても、このコースでプレーするのも久しぶりです。最近はテニスにもハマっているので、ゴルフする時間をなかなか作れません。数年ぶりにプレーすることになりました。
golfgr.jpg
天候は曇りでした。晴天すぎると紫外線で日焼けがひどくなりますし、喉が渇いてしまい、一日歩くのは一苦労なのでラッキーでした。
普通はゴルフカート(電動車)にバッグを乗せて移動するので、歩かないものなのですが、ここは通常のコースより狭いので、手押しカートにゴルフバッグを乗せて引っ張って歩きます。けっこう疲れます。でも、とても良い運動になりますね。けれど、歩き疲れるのと引っ張り疲れるので、スコアがどんどん乱れます(実力ですね?)・・・。久し振りなこともあり??スコアはやっぱり伸び悩み・・。何年してみてもゴルフの腕は上がりません。トホホ・・・。
golfbag.jpg
スタートする前にパター練習です。いつもアプローチでスコアが伸び悩むので、パットの練習をしてイザ出陣!
golfpat.jpg
golfg3.jpg
golfg2.jpg
今回ご一緒したのは意外にも男性お二人でした。と言っても、一人ずつ別々に参加申込をされていました。お二人ともちょくちょくこちらのコースへ来てはプレーをしているようでした。
私たち夫婦は数年ぶりなので、足を引っ張ってしまわないように・・・とやや緊張ぎみのスタートとなりました。
以前、ブログ「愛人になるのもラクじゃない?」にて紹介しましたが、2人で申し込むと知らない方とコースを回ることがしばしばです。祭日ということもあり混雑していたようです。今までは男女のペアと組まされることばかりだったので、男性2人とご一緒することになり、少し緊張しました。

プレー開始早々、お二人ともゴルフにはまっている様子が伝わってきました。
お一人の方は、年配で気難しい雰囲気です。マイペースにどんどんプレーしておりました。
グリーン手前にカートを置いたままにしていたら、「後ろから注意されるからカートはグリーンの後ろ側に置くようにして!」と早速注意されてしまいました・・・。
挙句にお昼抜きでプレーを続行しましょう!と提案されてしまいました。
ランチをのんびりととることも楽しみの一つだったのですが・・・ご一緒した男性二人は普段から女性とはあまり行動を共にしていないようです。
どうやら男性と女性は一緒にいることでバランスがとれてお互いの短所を補ったり、長所を引き出したりして個性が光ってくるのかも知れない・・・と思いました。
そういえば・・・女性慣れしてない男性ほど、デートをしても女性のリズムが分からずにさっさっと歩いて先を行ってしまし、女性を置いてきぼりにしてしまう・・という話を聞いたことがありましたね。

そして、もう一人の若い男性はオタッキーな雰囲気です。すっかりゴルフにハマっているようで、パターを自己流に改造し、それはそれは長~いパターをご使用しておりました。
けれど、その男性はとても愛想が良く気配りもしてくださるので、年配の男性がむっつりしていても、なんとか和やかな雰囲気でゴルフができたのであります。
そして、ゴルフもいよいよ大詰め最終ホールあたりに差し掛かると、年配の男性のプレーが乱れ始めたのです。疲れが出てきたのかしら?と気にも留めていなかったのですが・・・というより、自分のプレーをするので精一杯で、余裕がなかっただけなんですけどね。
若い男性が「バーディを8つとるのを目指している!今回は達成できそうだ!」とウキウキ気分で最後のプレーを終えたときでした・・・・。
「今のスコアいくつだった?」
と年配の男性のドスのきいた声が・・・。
若い男性が、「ボギーでした」と答えるやいなや、
「そんなはずないだろう!さっきから黙っていれば、自分の籠からボールを出して打っていただろう。ゴルファーとして恥ずかしいよ!」とまくし立てると、挨拶する間もなく立ち去ったのです。
公式の試合でもなく、ただの遊びなのに・・・こんなにムキになって怒るなんて、ただただ唖然とするばかり。
若い男性はすっかりしょげて凹んでいました・・・。
そういえば・・・テニスでも年配の男性ほど、アウトだインだとムキになって喧嘩する方がチラホラ。

けれど・・・若い男性は、パターのマーキングをする際、ボールの置く位置をずいぶんとピンそばに置いて誤魔化しているのを何度か目撃したことを思い出し・・・旦那さまも気づいていたというので、年配の方は、そのあたりのことが、ずうっと気になっていたのかも・・・そして、イライラを飲み込みながらプレーしていたから・・・最後はとうとうプレーまで乱れてしまい・・・大爆発したのかな・・・。

でも、私たち夫婦のプレーも、逆鱗に触れたのかも知れないね・・・と憂鬱な気分でクラブハウスへと引き上げたのです。すると、先ほどの年配男性が近寄ってきて、
「お疲れ様でした。ありがとうございました」と満面の笑みで挨拶すると立ち去って行きました。
やれやれ・・・大丈夫だったみたいです。
「あんなこと言っちゃって、大人げなかったな・・・と反省したんじゃないの?あんなこと言ったら、言われる方も言う方も気分悪くなるからね」と旦那さんが言い、二人でしゃべくりあい、帰りの道中は話がつきませんでした。
golfpa2.jpg
ゴルフが終わったあとでクラブハウスのお風呂に入るのも楽しみの一つなんですよね。
サウナがあるので、長湯をしてくつろぎます。
そして、旦那さんが運転する横で、クーラーボックスで冷やしておいたビールを取り出しゴクり。あ~美味しい!
旦那さんが恨めしそうにしてますが、夫婦は持ちつ持たれつ・・・ま、固いこと言いっこなしね!と運転手を務める旦那さんに感謝?しながら家路に着いたのでした。

ネイルアート
nail.jpg
ネイルアートにはまってます。
100円ショップで揃えたマニキュアやネイルシールで自己流にやっているだけなんですが・・・。
私の手先はまるで労働者のような手をしています。
平たく言えば、手先が美しくないというか、ぼってりとした手をしています。
爪も割れやすくて伸ばしてもすぐに折れてしまいます。
お料理もしずらいので、爪をいつも短く切っているのですが、ネイルアートを自己流にしては、楽しんでいます。
シールを爪先にはると気分がルンルンしてくるんですよね。
1週間くらいはなんとかもってくれます。
忙しいとはがれたままにしてお手入れが行き届かなくなりますが、爪先をじっと見る人もいないので、気にしません。
除光液でマニキュアを落としてしばらく塗らない時もありますが、仕事柄、タロットやルーンの石を扱うので、手先が自然と視界に入ってくるんですよね。ネイルを塗っていないとなんだか殺風景に見えて時間ができると塗りたくなるのです。
ちょっとした気分転換にもなっています。

ゴルフを久しぶりにしてみたら・・・
glfbg.jpg
ゴルフも趣味なのですが、この頃はご無沙汰していました。
テニス歴よりもゴルフ歴のほうが長く、10代のころからゴルフはしています。
というのもアメリカに10代から20代過ごしゴルフを始めたのがきっかけです。
アメリカは土地が広くて安いのでゴルフは低料金でできるのです。
日本のようにお金がかかるスポーツではなく、庶民的なスポーツなのです。
それでゴルフを始めたのがきっかけになり、日本に帰国してからは旦那さんと一緒にゴルフをするようになり、今まで細く長く続けてきています。
日本ではゴルフをするのにお金と時間もかかるので年に何回かしかコースへでかけなくなっていました。
最近はテニスに夢中に集中してやっているので、時間もなかなか作れないのですが・・・。
最近またゴルフをしようか、ということになり、久しぶりに練習場へ行ってきました。
すると・・・・革の手袋がカビだらけになっているではありませんか!!
glove.jpg
写真ではその生々しさが伝わっていませんが、実際は本当に気味が悪いほどにカビが繁殖・・。
ぞうっとしてしまいました。

幸いにも、もう一つ、古い手袋がカビが生えずにバッグの中にあったので、なんとかゴルフの練習ができました。
golfrens.jpg

やっぱり、久しぶりだとダフったり、トップぎみになったりと、不安になりました。

けれど、昔とった杵柄で、徐々に感覚がよみがえり、なんとか大丈夫そうです。

来週は朝の5時に起床!久しぶりにゴルフコースへと繰り出します。
スコアがまともになることを願ってるんですけどね。

旦那さまと二人でコースに申し込むと大体は見ず知らずのお二方と組んでプレーしなければならないので、迷惑をかけてはいけない・・・と、つい緊張したり、力みがちに。
結果、スコアがガタガタになってしまうのです。

でも、年をとったせいか、若いころよりもプレーに余裕がもてるようになった気がします。
経験と余裕て年をとるごとに積み重ねられるものなのだ・・・と納得してる今日この頃なのでした。

趣味からもパワーアップしてます
趣味でテニスをしています。運動することでメンタルが鍛えられて安定します。
もちろん、適度な運動は健康にも役立っているようです。おかげでテニスを始めてからは風邪をひかなくなりました。
テニスはスコートが花形ですよね。子供のころからスコートに憧れていたものです。着る機会がなかったので、若い頃は着たことはありませんでしたね。でも・・・、10代や20代だったら、派手なスコートは勇気がなくて着れないと思います。
若い頃はいろいろなことが恥ずかしいものなんですよね。目立つのも恥ずかしくて、とにかく恥をかかないように慎重に憶病だったように思いますね。
でも、年を重ねるとドンドン図々しくなって恥ずかしいことがドンドン減ってくるんですね。
なので、今ではこんなに派手なスコートを着てテニスにでかけているわけなのです。
テニスショップが集中する都内の某所に久し振りに出かけてみたら、「かわいい!」スコートがずらりと並んでいて、大興奮。上下で7組も買ってしまいました。けれど、一年の半分はスコートでプレーするのでいろいろなデザインのものを着用したくなるのです。
テニス仲間もオシャレなスコートを着ていて、集まっては品評会してますね。
テニスの上達よりもファッションを楽しんでいて、呆れられているかも知れませんが、楽しいこと、嬉しいこと、心がうきうきすることをいっぱい経験したいものですよね。
年をとってから発見した楽しみというか、開き直ってる?ともいえるかもしれませんけどね・・。
tnwb.jpg
twpurp.jpg
tww.jpg
Copyright © 山本梨花子の花時計. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。