占いカウンセラーが綴る薔薇*料理*花時計癒しブログ*^_^*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇の花が開くまで
青いバラの花は存在しませんが、青色に近い色をした薔薇を育てています。
やや藤色に近く、ピンクががっているようにも見えます。
けれど、花が咲き終わる頃には紫いろに近くなります。
まだ株が小さいので花づきがあまりよくありません。
大きく育つ楽しみがあるのですが・・・大きくなりすぎると手入れが大変で・・と。
小さい時は大きくなるまでをもどかしく、楽しみに思い。
大きくなってみれば、手入れが大変だけれども、花があふれんばかりに咲いて喜びもヒトシオ。
どんな出来事も裏と表があり、幸せと苦労はワンセットなのかも。
薔薇を育てることはまさに、そういうことなのであります。
でも、癒せる趣味なので、とても気に入っていて、三日坊主の私でも、今のところは、なんとか投げ出さずに続けられています。
IMG_0950.jpg
IMG_0951.jpg
IMG_0959.jpg
シティーガールという薔薇は、ちょと珍しいので気に入っています。
薔薇らしくない花びらが印象的なのです。
咲き終わる頃には平ざきになり、オレンジと黄色っぽい色のハーモニーもかわらしいのです。
でも、背丈がなかなか伸びないのです。
やっぱり、育ちがよいバラは人気があるようで、近所を散歩してもチラホラと見かけるんですよね。
珍しい、めったに見かけないい薔薇は、やっぱり、育てにくい、あまり大きくならない、花もいっぱい咲かない・・みたいです。
でも、我が家にしか咲いてない薔薇だから、デキが悪くても愛着が生まれるのかな。
IMG_0970.jpg
IMG_0984.jpg
スポンサーサイト

薔薇の花が散るまで
薔薇の花もそろそろ咲き終わりです。あとはぽつぽつと花を咲かせるだけです。
5月に一斉に咲く満開のころが一番ゴージャスです。
でも、やがて薔薇の花びらが散る時を迎えます。
今回からシリーズで花の満開から咲き終わるまでの薔薇の花を時系列でお届けします。

リビングの窓から見える黄色い薔薇です。金運を運んできてくれます。
IMG_0935.jpg
IMG_0936.jpg
IMG_0937.jpg
IMG_0938.jpg
IMG_0949.jpg
東北に咲く白いバラは、厄難逃れになります。この薔薇は花びらが散らないように品種改良されているようで、満開が過ぎると、茶色く変色して花びらが固まります。
IMG_0940.jpg
IMG_0941.jpg
IMG_0956.jpg
花びらが茶色く変色するとこんなうふうになります。
このままにしておくと、来年良い花を咲かせられなくなるので、花びらが種になるまえに、枝を切り落としてやらなければなりません。
これが一苦労で重労働なんですよね。背が高くなった薔薇の花の枝切りは、高枝切りばさみで切るのですが、首をずと上に向けていると、首が痛くなっちゃいます。
でも、薔薇の花を育てる、楽しむ、ということは、後処理も含まれているんですよね。
水まきや、散らばった薔薇の花びらを掃除したり、肥料をまいたり・・・そういう工程が綺麗な花を咲かせることに結びついているんですものね。
だから、今年も薔薇の枝切りと花びら掃除をもくもくとしております。
IMG_0976.jpg

今年の薔薇・アレンジメント
今年咲いた薔薇のアレンジです。以前にも一部のアレンジメントの写真を掲載したのですが、紹介しきれませんでした。ここのところブログをお休みしていましたが、今日は少し時間に余裕ができたので、薔薇の写真を掲載することにしました。
薔薇の花をアレンジして上から撮影してみました。
arg1k.jpg

薔薇をアレンジする前は、こんな感じです。バケツとジョウロに薔薇の花を切って入れている状態です。この薔薇の花を小分けにして、アレンジ開始です。
befarag.jpg

小さなアレンジメントが全部で5つ出来上がりました。一緒に写してみると賑やかな雰囲気です。
色々な角度から撮影してみると花の表情も微妙に違う気がします。
2つのアレンジメントは息子の中学校時代にお世話になった先生にお花を届けました。卒業してから久しぶりに再会した先生はとても喜んでくれたようでした。小学生から中学生までは、毎年薔薇の花を教室に届けていた息子でしたが、高校生になった今は、「持っていかないよ!」と薔薇の花を持って行かなくなりました。電車通学なので持って行くのが大変という理由のようですが、本当はテレくさいみたいですね。
arg3k2.jpg

arg3k.jpg

arng3.jpg

toparg.jpg


赤いバラは薔薇の王道
赤いバラは薔薇の王道?かもしれません。
スタンディングタイプの薔薇なので育てる手間がほとんどありません。
大輪の花を咲かせて庭のポイントになってくれています。
赤いバラは東の方位に植えています。もちろん仕事運アップのためにです。効果は絶大?と思います。
redup.jpg

redtbm.jpg

redsup.jpg

白い薔薇の中に赤の薔薇が映えます。
白い薔薇が成長するのが早く、栄養を取られているようで、赤い薔薇の成長が遅くなっている今日この頃です。
redw.jpg

redw2.jpg


白薔薇・アイスバーグ
白薔薇・アイスバーグはあっという間に背が伸びて2階の窓まで達するほどまで成長。
つる薔薇なので、ワイヤーをはり倒れないようにしなければなりません。雨戸井にワイヤをくくり、下までたらして薔薇を支えていますが、あまりにも大きく成長して、その重さが半端じゃありません。
風の強い日は、枝が風にあおられてワイヤーを引きちぎるほどに。
手入れも大変になるばかりなので、去年の冬にせっかく2階まで伸びた枝を短く剪定。今年は、前年にくらべると花もわずかなものになっていまいました。けれど、すぐに大きくなる気配が。
仕事が忙しいと、つい、薔薇の手入れは後回しになってしまいます。

アイスバーグの咲き始めは花びらが立っている感じです。徐々に平咲きに変化。
snowup4.jpg

アイスバーグに蕾がぽつぽつつき始めました。
sno0.jpg

snow1.jpg

snow1a.jpg

wsup2.jpg

snow2.jpg

snowup1.jpg

wsup3.jpg

咲き終わりの頃には花びらが平咲きに変化。
snowup.jpg

薔薇の花・アンジェラ
薔薇の花・アンジェラは、とても育てやすく、あっという間に大きく成長しました。毎年背がどんどん伸びて、花をたくさんつけてくれます。咲き始めの頃はこんな感じです。下記掲載の写真に順番に花がどんどんと開いていく様子を写してみました。一つ一つの蕾はとても小さく、花びらも小さいのですが、たくさんの蕾が枝先について、同時に花開くので、大輪の薔薇の花とはまた違った華やかさや賑やかさを感じます。濃いピンク色をしているので、アレンジにするとアクセント色になり、他の花を引き立ててくれます。そろそろ咲き終わりになり、花びらが辺りに飛び散り、桜が散るように舞う今日この頃です。新しい蕾がぽつぽつとまだらにつき、花を咲かせ続けています。花びらが小さくたくさんつくので、散った後は、かき集めて掃くのが大変です。
朝は薔薇に水をまいたり、花びらを掃いたり、枝を切ったりと、この時期ガーデニングでも忙しい日々なのであります。
ag0.jpg

ang1.jpg

ang2.jpg

ang3.jpg

ang4.jpg

ang5.jpg

angela2006.jpg

angred.jpg

angup.jpg

angup1.jpg

大輪の薔薇
我が家の庭に咲く薔薇の中で最も大輪の花を咲かせる黄色い薔薇です。初めて植えた薔薇で、名前もわからずに購入。けれど、以外と育てやすい品種だったので、どんどんと株が大きくなり、大輪の花を咲かせてくれます。一輪刺しでも華やかな雰囲気です。蕾から花が咲き開くまでを写してみました。
yrtb0.jpg

yrtb1.jpg
yrh0.jpg

yrh0d.jpg

yrh1.jpg

yrh2.jpg

yrhl.jpg

yr2p.jpg

薔薇の花シティーガール
薔薇の花シティーガールは、蕾の時と花開く時では様子が違ってきます。花が開き切ると平咲きになるのが特徴です。一つの枝咲にたくさんの蕾をつけて時期をずらして花が咲きます。花が散りまた、花が開くというかんじにです。珍しい品種で気に入っている薔薇の一つであります。
cga.jpg

cgtb.jpg

citygup1.jpg

citygup.jpg

cg2.jpg

cgu.jpg

薔薇の花を部屋に・・・
花が咲き終わり間近の花を根本から切り、平たいボール皿を花瓶にみたてて花を活けました。
こんな風に薔薇の花を生けると、花びらが散って部屋を汚さないので、グッドです。
リビングテーブルなんかの上に飾るとテレビを見る邪魔にならず、倒れる心配もないので、ちょっとしたアクセントになりますよ。
部屋の中にほのかな薔薇の香りが漂って、ちょっぴりゴージャス?な気分にも。
kabn4.jpg

bike2.jpg

自分の仕事部屋に薔薇の花を飾りました。癒されます。
それ以上に、薔薇の花を部屋に飾った途端に、さまざまな依頼が舞い込んできました。
セミナー講師や執筆依頼、占いレッスンのお仕事やら、電話とメール鑑定以外のお仕事でも忙しくなりそうです。
薔薇の花は癒しだけでなく、幸運も運んで来てくれるようです☆~(^-゜)v
bike3.jpg

ikb4.jpg

薔薇の花・ピーエール
薔薇の花・ピーエールの花はその時々で違う表情を見せます。
蕾のころは白い色あいです。
b_pieup.jpg

花が開き始めるとちょっぴりピンクがかってきます。
piewr.jpg

花が大きく開き始めると全体的にピンク色に変化。
b_pieup1.jpg

咲き切ると花の中心がつぶれたようになり花が別の顔を見せます。
piewr2.jpg
Copyright © 山本梨花子の花時計. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。