占いカウンセラーが綴る薔薇*料理*花時計癒しブログ*^_^*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見事に咲いた薔薇も散る時がくる・・・
薔薇はとうとう咲き終わりの時期を迎えました。
まだちらほら咲いてはいますが、満開の時期にくらべると殺風景になりました。
育てている薔薇の中でも一番ラクに手間暇かけることなくどんどん大きくなってくれたアンジェラという品種の薔薇です。
ご近所でもこの薔薇を育てている方がいらして、前を通り過ぎるたびに、ついつい薔薇を眺めてします。
自分の庭の薔薇は決して我が家だけの楽しみではないかも・・・と感じる出来事がありました。
近所に見事な薔薇を咲かせておられるかたがいらしゃるのですが、先日家の前を通ると・・・なんと薔薇をすべて切り落としていたのです。
目を疑う光景とはこういうことをいうのかな?と思ったほど、なんども何度も見いってしまったほどです。
何度みても薔薇の花はおろか、枝をばっさりと切り落としていて、来年薔薇が咲かない有様になっていました。
薔薇の花が咲き終わることには、花をそのままにしておくと種になってしまうので、適度に枝を切り落とすのですが・・・もちろん、来年に備えて、切りそろえる程度にです。
それが・・・明らかに薔薇の花を切り捨てるようにして、根本からばっさりと枝が切りおられていたのです。
でも、そうした理由もわからないわけではありません。
薔薇はねんねん大きくなり枝が伸びほうだいとなり、扱いに苦慮するようになります。
棘があるので、扱いが余計に厄介でもあり、花を咲かせてくれる時期には本当に綺麗なのですが、
その後の世話は大変でもあります。
花を綺麗に切りそろえると山盛りのゴミとなり、散らばった薔薇の花と枝を掃いて掃除するのも一苦労。
おそらくご近所の方は、薔薇の世話から解放されたくなったのかもしれません。
道をなにげなく通るたびに薔薇の花を眺めてはうっとりとした気分になれたのに・・これからは、その楽しみもなくなってしまいました・・・。
そう考えてみたら、他の方々は、我が家の薔薇を見て、癒されたりうっとりとして楽しんでいるのかもしれない・・・。
毎年薔薇が満開になる時期に、苦労も吹き飛んで、また、来年薔薇が咲くことを楽しみに、せっせっと薔薇の枝きりに励んでいます。

IMG_0944.jpg
IMG_0958.jpg
IMG_0968.jpg
IMG_0969.jpg
IMG_0977.jpg
IMG_0986.jpg
薔薇の花がさきおわり、花を切り落としました。
IMG_1010.jpg
全部の薔薇を切ると、ゴミ袋は4~6袋にもなるほどです。
IMG_1011.jpg

スポンサーサイト

おとぎ話のような庭みつけた!
近所におとぎ話に出てくるような庭を発見!
けれど、隣接した家はなく、庭があるのみ。
いったい誰が何の目的で作ったのか不明です。
隣にはビルが建っていますが、関連性はなさそうです。
庭が造られている時は、園芸店ができるのかな?と思っていたのですが、近くにそのような店は見当たりません。
けれど、通るたびに和まされています。
drm6.jpg
drh5.jpg
drh3.jpg

冬に咲く薔薇
真冬でも薔薇が咲くときがあります。
初夏に咲くと1週間くらいして花びらが散ってしまうのですが、今の時期に咲く花は2~3週間散りません。
花が冷凍保存されたような状態で花が長持ちするようです。
庭の片隅でひっそりと薔薇が咲いています。
明日東京では雪が降るようです。
今が一番寒い時期ですが、春はすぐそこに近づいてます。
redbara1.jpg

reba2.jpg


アンジェラ
アンジェラという品種の薔薇の花です。
玄関脇に植えて2~3年でこんなに大きくなりました。
とても育てやすくあっというまに成長してくれました。
このワンショットは居住地で開催されているガーデニング(花部門)のコンクールに入賞したものなのです。
ある日突然、コンクール主催者の方が自宅に訪ねてきて、庭の花の写真を撮らせてほしいと頼まれたのです。
その写真がコンクールで入賞し、関係者の方がA4判の写真や景品などを自宅まで届けてくれたのでした。
そのコンクール関係者がなぜ、我が家に突然訪ねて来たかと言うと、お隣さんがそのコンクールに応募したことがあったらしく、その方が推薦してくれたようでした。
それで、ある日突然関係者の方が訪ねてきたというわけなのです。

angela061.jpg

育てた薔薇でフラワーアレンジメントを
今振り返ってみると、フラワーアレンジメントとは言えないようなお粗末なアレンジメントです。
けれど、薔薇を育て初めのころは花数が少なく、薔薇の花を切るのをためらうほどでした。
やっと咲いてくれた薔薇の花を切るのにとても抵抗があり、勇気がいったのです。
徐々に薔薇の株が増え、花もたくさん咲くようになり、アレンジメントも徐々に花数が増えてゆきました。
写真を見るとそんな気持ちを思い出されますが、花数が増えると、今度は落ち葉と散った花びらを集めて掃くのが大変になってきました。
花数が増えるまでは、こまめに手入れをしたものですが、最近は仕事も忙しく、つい、薔薇の手入れを怠りがちになっています。
来年は、初心を思い出して薔薇の手入れを頑張ろうかな・・・と思ったのでした。
flwarang043.jpg

flwarang041.jpg

flwarang042.jpg

flwarang040.jpg


ブルー・シャトー
青いバラは存在しません。青い花を咲かせるのはとても難しいそうです。けれど、少々青色に近い紫系統のバラはあります。
その品種がこちらのブルー・シャトーという薔薇です。
写真だとピンク系に見えるかもしれませんが、実物はもう少し紫色をしています。
色合いが珍しいので、フラワーアランジメントでプレゼントすると、みな一様に珍しがり喜んでくださいます。
blue037.jpg   blue038.jpg

ピンク系統のバラと一緒に部屋に飾ってみました。
一番右のバラがブルー・シャトーです。ピンク系の薔薇との違いがわかりますか?
blue039.jpg

ラベンダーの香りが好きです
laven033.jpg

小さな苗を購入し、ラベンダーを鉢植えにして飾っていたのですが、あっという間に株が増えてしまいました。
鉢植えでは育てられなくなり、薔薇を育てている隙間に植えました。
薔薇の肥料が良いせいなのか、あっという間に成長して、薔薇をしのぐ勢いで幅をきかせています。
ラベンダーの香りは、ストレスをとってくれる作用があるらしいですね。
独特の香りで自己主張しているかのようです。
薔薇を引き立てながら、薔薇の虫よけの役割もしてくれています。
そんなラベンダーの花にも魅力を感じます。
masako032.jpg

マサコ・イグランティーヌ
マサコ・イグランティーヌはイングリッシュローズの中でとても人気の高い薔薇です。
下記写真には、マサコ・イグランティーヌと以前に紹介したピーエル・ド・ロンサールの2品種の薔薇が写っています。
色合いなどが似ているので写真では分かりづらいかもしれませんが、左側に咲く花と右側に咲く花の形が違うのがわかると思います。
マサコ・イグランティーヌの花びらは、細く幾重にも重なっていて、まるでレースのフリルのような繊細さがあります。
刺がとても細くてたくさん出ているので、フラワーアレンジを作るときは、刺がささって痛いですが・・・枝先に3つくらいの花を同時に花開かせるので、ゴージャスな雰囲気で、貴婦人と評されています。
この薔薇がほしくて、遠方の大きな園芸業者から取り寄せたほどです。今では花をたくさん咲かせて楽しませてくれるようになりました。
でも、花が散った後は庭を掃くのが大変ですが・・・
masako035.jpg

masako034.jpg

masako031.jpg


名前のわからない薔薇の花
薔薇には名前がついているのですが、この赤い薔薇は黄色い薔薇と一緒にはじめて購入したもので、名前を記憶していないのです。
薔薇の苗には名札がついていて、薔薇の名前や品種、育て方などの説明書きがされているのです。
初めのころは薔薇に名前がついていることも知らなかったのです。苗をどんどんと買い足して育てるうちに、薔薇の名前に興味を持つようになりました。
薔薇はヨーロッパ産が多いので、とても素敵な名前がついています。
例えば、シャリファ・アスマ、ヘザー・オースチン、セント・スウィジン、ライラック・ローズなどなど、なかなか覚えにくいのです。
初めはこんなに背が低くて花も一つ二つ咲かせるくらいでした。
写真で推移を見てみると徐々に成長したのがわかります。
心残りなのが、カタログで探してみても、このバラの名前が分からないことなのです。
red027.jpgred030.jpg
red028.jpg
red029.jpg

最初に植えたゴールドバニー
一番最初に植えた薔薇がゴールドバニーという黄色いバラの花です。
初めは背が低くつぼみがつくのを心待ちにしたものでした。
yellow023.jpg
今では2M以上まで成長。脚立に乗って花を切るほどです。
大輪の花を咲かせてくれるので、一輪ざしでも存在感があります。香りも豊かで部屋中に薔薇の香りが漂います。

yellow024.jpg
yellow025.jpg
yellow026.jpg
Copyright © 山本梨花子の花時計. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。